シティバンク銀行住宅ローン

シティバンク銀行住宅ローンの団信なら他の金融機関よりしっかりサポート!

こちらでは、

 

シティバンク銀行が提供している住宅ローンについて、団体信用生命保険<障害特約付>の概要をご紹介したいと思います。

 

 

住宅ローンは、年収の数倍にもおよぶ高額な借金となることも珍しくありません。

 

また、一般的に、住宅ローンを支払っている人は、その家の大黒柱として大部分の収入を得ている人である場合が多いため、その大黒柱に万一のことがあり、収入が途絶えてしまうと、住宅ローンの返済を続けていくことが困難になることが予想されます。

 

住宅ローンの返済ができない場合には、担保として拠出している住宅を譲渡することによって充当しなければなりません。

 

残された家族は、大黒柱を失うばかりか、住宅に住み続けることもできなくなるわけです。

 

 

団体信用生命保険は、このようなリスクを回避するための仕組みです。

 

団体信用生命保険では、住宅ローンの債務者を対象として、住宅ローンの残高と同額の掛け捨て保険を契約します。

 

住宅ローンの返済中に、ローン債務者が死亡したり、高度障害の状態となったりした場合に保険金が支払われますが、その保険金によって住宅ローンを完済することができます。

 

この仕組によって、残された家族はそのまま住宅に住み続けることができるばかりか、以降の住宅ローンを支払う必要がなくなります。

 

 

現在では、ほとんど全ての住宅ローンで団体信用生命保険が採用されています。

 

シティバンク銀行においても同様で、団体信用生命保険に加入することが、住宅ローンを申し込む条件の一つとなっています。

 

一般の住宅ローンでは、前述の死亡時と高度障害時を対象として保険金が支払われますが、シティバンク銀行の住宅ローンの場合には、団体信用生命保険に障害特約という付加項目がついています。

 

 

障害特約とは、ローン債務者(被保険者)が障害や疾病など、保険会社が指定する所定の障害状態によってローンの返済が困難になった場合にも、保険金が支払われ、ローンの返済に充てられるという特約です。

 

従来の団体信用生命保険よりも幅広い範囲を保障してくれるわけです。

 

一般の団体信用生命保険については、住宅ローンを提供している金融機関側が保険料を支払うことが一般的です。

 

シティバンク銀行の住宅ローンでは、通常の団体信用生命保険部分に加えて、傷害特約の部分に関わる保険料についても、シティバンク銀行が支払います。

 

 

なお、シティバンク銀行では、最大2億円の融資が可能になっていますが、団体信用生命保険の保険金は1億円が上限となっています。

 

従って、融資金額が1億円を超えている場合には、返済が進んでローン残高が1億円以下となるまでは、ローン残高全額を団体信用生命保険でカバーできるわけではない、という点に注意が必要です。


金利一覧で住宅ローン選び
住宅ローン選びはまず金利比較からがセオリーです。金利一覧が掲載されているサイトを参考にして今人気の銀行はどのような条件で住宅ローン金利を設定しているのかを詳しく調べましょう。住宅ローン選びを間違えたくない方は必ず金利比較をしておくことをおすすめします。